読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはなばたけnoやんきー

eighterです。twitterの裏アカと化してる。好き勝手書いていきます。

お題やってみる。

お題「ジャニヲタになったきっかけ」


私がときどき勝手に拝見させていただいている(フォローもしてないほんとに勝手に見てる)あややさんがお題作ってらっしゃったので、拝借して書こうと思います。


私が「ジャニヲタ」になったきっかけは、「声」です。


正確には、ジャニヲタになった瞬間、と言った方が良いかもしれません。

ちなみに私のジャニヲタの入口は、
関ジャニ∞安田章大
今まで1度も変わらずそのままです。



元々ちいさい頃からテレビっ子だった私は、8時だJや学校へ行こう、鉄腕ダッシュなど様々なジャニーズの番組を見ていました。
Jr.黄金期だったため、デビュー組以外にもそれなりに有名なJr.であれば名前と顔もわかったし、好きな芸能人にはV6の三宅君を挙げて、デビュー組のCDもTSUTAYAで借りてカセットやMDに落としていました(時代w)

しかし、まだこの時点ではただ単なるミーハーでした。
絶対CD買う!とか、コンサート行きたい!とか、深夜番組録画するとか、それこそアイドル誌を買うとかはしてませんでした。
(これは、買ってればもっと早く安田を知れてたかもってときどき思うけど…)




そんな私がなぜ関ジャニ∞にハマることになったのか。
上記を書いていて、元々素質はあったんだろうなと思いますが(笑)


あれは中学3年生の夏、部活を引退したあたりだったと思います。
ちょうどクラスで仲の良かった子が亀梨担で、何故か学校に常にヤンソンを持ってきてました。
私は今までしていた部活の朝練がなくなったので、朝その子と話す時間が増え、自然にヤンソンを毎号読ませてもらうようになりました。

そこによく載ってたのが、当時デビューし立ての関ジャニ∞です。

横、雛、すばる、亮ちゃんのことは元々知っていましたから、関ジャニ∞がデビューしたとき、この人達デビューしたんや!と気になってはいました。
しかしあの当時テレビ露出もほとんどなく、彼らの情報を積極的に得ることはありませんでした。
ところがヤンソンを読むことによって、そこに載っている記事やインタビューから、彼らに関する知識を自然と身に着けることができたのです。



もちろんその他のグループの記事も載っていましたが、一番魅力を感じていたのは関ジャニ∞でした。
それは関西出身であるという親近感や、話のおもしろさからくるものであったと思います。
そして、その中でも同郷である安田君に興味を持っていたのは事実です。

でも、それでもまだファンと名乗るには程遠い存在でした。
そんな私をハマらせてくれたのは安田君の歌声でした。



関ジャニ∞が出ると知って見ていたHEYHEYHEY。その時歌った大阪レイニーブルース
♪この街でずっと~
の、「と~」の高音を聞いた瞬間に、何とも言えない感覚に襲われたのです。

好きとか良いとかそういうことじゃなくて、うまく言葉で表すことはできません。
よく何か事業を始めた人だったり、電撃結婚した人なんかが、雷が落ちたようなビビッと来た感じなどと言うことがありますが、まさしくそれがその瞬間だったんだと思います。
たぶん同じことをリアル生活で男性に感じたら結婚すると思う←何の話


とにかくハマったのです。
もうそこからはヲタク街道まっしぐら。
(とはいっても、高校でも部活をしていたので、LIVE初参戦はそこから3年後のことになりますが。。。)
CD、DVDは必ず購入。レギュラー番組毎週録画。
そんなところから始まって、今では関ジャニ∞に関することは、毎日顔を洗ったり歯磨きをすることと同じくらい日常生活eighterの一部になっています。


今も安田君の高音は大好きです。
安田君のハモりばっかり耳がいって、主旋律がわからない曲もざらにあります。







さて、私は初めにこのお題に対する答えを「声」と書きました。
もちろん歌声にヤられたのは間違いありません。
安田君の声がなかったら、まずハマっていなかったでしょうし、関ジャニ∞が歌を歌っていなかったらeighterを続けていた自信はありません。
しかし、お題の言葉を文字どおり解釈するのであれば、
ジャニヲタになった「きっかけ」は「友達」だと思います。




よくジャニにハマることを沼といいますが、

沼を家の中から眺めていた私を連れ出して沼の淵まで連れてきてくれたのが友達、
そこで聞こえた歌声に吸い寄せられて沼に足を突っ込んでしまった

という具合でしょうか。




よく聞くのが、「ライブに連れられて」や、「DVDを無理やり見させられて」ハマったという理由。
ジャニヲタは繋がりが多かったり濃いのが特徴だと思うけど、
こうやって沼に連れてこられている人はたくさんいるのかもしれませんね。



その友達とは高校が別になり、今は全く連絡を取っていません。成人式でも会うことはできませんでした。
中3の3学期というのは、受験勉強期間としてほとんど学校に行くこととはありませんでした。だから、彼女はわたしがちゃんとeighterになったことは知らないと思います。
でも、私の人生の軸になる関ジャニ∞と出逢うきっかけを作ってくれた彼女には、本当に感謝しています。ありがとう。